WANCOTTO

WANCOTTO

中華街の関帝廟から歩いてすぐのところに、犬の総合サービス施設「ワンコット」があります。

施設内にある国内最大級のドッグパークは、登録のため年会費(1000円)が必要ですが、1時間1000円で利用できるので、中華街での食事に付き合ってもらった後のご褒美にいかがでしょうか。食事前にたっぷり遊ばせて疲れさせてしまうのもありかも。

また、梅雨時期の運動不足解消に利用するのもおすすめです。

ワンコット施設について

全天候対応屋内ドッグパークの他、24時間スタッフ常駐のペットホテル、オフ会などイベントが開催されるコミュニティスペース、トレーニング、介護・老犬ケア、リハビリフィットネスなどの施設が揃っています。

ドッグパーク

ワンコット ドッグパーク

600㎡もある国内最大級の広さのドッグパークは、ノーリードで遊ばせることができます。オフ会やイベントなどの貸切日には利用できません。

コミュニティ・イベントスペース

ワンコットフリースペースのフォトブース

4階受付わきのフリースペースには、テーブルセットが用意されているので、休憩やほかの飼い主さんと情報交換したり、季節の飾りつけされたフォトブースで撮影したりできます。

短時間の預かりもOK

横浜中華街はペット同伴で食事ができるお店はありますが、一緒に入れないお店をゆっくり見たいときには、ペットホテルでの一時預かりが安心です。体重と預ける時間によって料金が異なります。

利用料金例(6キロまでの小型犬の場合)

  • 1~3時間 2000円
  • 3~6時間 3500円
  • 6~10時間 5200円

ワンコット会員登録はWEBがお得

会員登録に必要なもの

  1. 鑑札
  2. 狂犬病予防注射表(1年内のもの)
  3. 混合ワクチン接種証明書(5種以上、1年以内)
  4. 身分証明証
  5. 年会費 1000円(税抜)/年

※WEBからの会員登録で初年度年会費が10%OFFになります。

利用料金

1時間1頭 1,000円(税別)

主な利用ルール

  • パーク入場は1人につき2頭まで。1頭につき3人まで。
  • ヒート中及びヒート後2週間以内は不可
  • 慣れるまではリード着用、首輪やハーネスは外さない
  • ドッグパーク内のおもちゃ、おやつは禁止
  • ヒールのある靴、厚底靴、革靴など底の堅い靴では入場できません。
  • マーキングする子はおむつ着用
  • ドッグパーク内の飲食不可
  • 週末など混雑時は入場規制あり

こちらは利用ルールの一部抜粋です。また、ドッグパークは貸切利用日があるので、公式サイトで調べてからお出かけください。

WANCOTTOの地下駐車場は最大料金1400円(土日祝2000円)あり。中華街の中でも安いほうなので穴場かも。

管理人レポート

わんこのための巨大複合施設WANCOTT(ワンコット)のプール体験に行ってきました
横浜ドッグウィークの特別イベント『WANCOTT(ワンコット)』のプール体験に行ってきました。ワンコットは、2017年4月に横浜中華街のすぐ裏にできた「わんこのための巨大な複合施設」。雨の日でも遊べる広い屋内ドッグパークは評判がよく、ずっと
   
店舗名 WANCOTTO(ワンコット)
住所 横浜市中区山下町168-1
レイトンハウス3、4階
総合受付4階
電話 045-264-8730
営業時間 10時~20時
定休日 貸切日あり
最寄駅 「元町中華街駅」徒歩8分
「石川町駅」徒歩6分
バス停 吉浜橋、中華街入り口
駐車場 提携駐車場あり
概要
  • 地下駐車場「Times」が利用できます。 WANCOTTO施設内利用5000円以上で1時間無料、1万円以上で2時間無料。ジョーカーとの合算可。
  • 最大料金1400円(土日祝2000円)
  • 利用料金 1時間1000円/頭
  • Free Wi-Fiあり
公式 https://wancott.com/

トップへ戻る